2021年08月10日

歴史を見て来た壁。

今週の南関東競馬はハートビートナイター。
船橋開催が行われています。

船橋競馬場といえば、大規模リニューアル工事が着々と進められていることを
こちらでも何度か取り上げていますが、

ファンエリアからは見えづらい、
でも、とても近い場所に、
歴史を見て来た壁があるのです。

それはコチラ。

Img_2549

ゴール前付近にあるこの壁、
かつて船橋競馬場の内馬場に全国初のオートレース専用走路があった頃のなごりだそうです。
競馬場の開場が1950年(昭和25年)8月。
オートレース専用走路ができたのはその年の10月とのこと。

オートレース場は1968年に移転し、残念ながら2016年に廃止となりましたが、
ここにその名残が存在しているのですね。

オートレース移転後は、馬たちの走りを見守って来た壁でもありますshine

そのリニューアル工事はこんなかんじで、新しいスタンドの形が少しずつ見えてきました。

_mg_4406

歴史を見て来た壁と、これからの歴史を見て行く新スタンドが、
今はすぐそばで寄り添っている、2021年夏の船橋競馬場です。

あ、撮ってるのを見られてた(笑)shine

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ