2022年09月26日

離乳の瞬間に立ち会う

新ひだか町から、こんにちは。

3連休は最終日以外はあいにくの雨模様☔
そんな中ではありますが、9月23日㈮にひだかうまキッズ探検隊は矢野牧場さんへ探検へ行ってきました。

過去5年間を振り返っても雨に当たらず実施出来ていたのですが、こんな土砂降りの日に探検に行ったのは初めてです💦

はじめに繫殖牝馬のいる厩舎を見学。
母馬と仔馬の体重を予想し、目の前で体重計に乗る馬たちを見せて頂きました。

Dsc02161
そして、今回初となる母馬と仔馬の離乳の瞬間に立ち会いました。
後ろから仔馬がついてくるものと、いつものように馬房から放牧地に向かう母馬。
一緒に行くと思っていたのに、馬房に残される仔馬――。
しばらくは母馬を呼ぶ声が厩舎中に響き渡りました。

その様子を見ていたうまキッズの一人が「小さい頃イオンで迷子になった時の私みたいだ…」と呟き、笑ってはいけないのですが切ない雰囲気が少しだけ和みました。

どうして離乳をするのか?
いつ頃するのか?
どのように行なって、注意することがあるのか?
など、普段中々知ることの出来ない離乳の話を聞くことが出来ました。

子ども達は雨が降ろうが土砂降りだろうが、いつでも元気です👧👦!
走って放牧地に向かうので、大人は全くついていくことが出来ません。
どんな時でも楽しもうとする姿勢は見習いたいです。Dsc02172
最後は離乳した当歳の厩舎へ。
当歳馬の飼いつけを体験し、次の日の飼いを子ども達がそれぞれ用意しました。
そして何をどれくらい食べているか、細かくメモもしました。

Dsc02177
最後に矢野享憲さんより「来年デビューする馬の名前をみんなに決めてほしい」とサプライズ発表がありました。
打合せの際に聞いていなかったので、私もビックリです!!

Unnamed_5
ライトインパリスの2021
2月14日生まれ 牝・栗毛
母:ライトインパリス
父:ダイワメジャー

みんなどんな馬名を考えてくるか楽しみですし、この馬の成長をみんなで追っていけると思うとワクワクします。

ワクワクと言えば、あと少しで凱旋門賞です🏇
栗田徹厩舎のInstagramでタイトルホルダーの様子を日々チェック出来るので嬉しいですね。
そして、気づいた方はいらっしゃいましたか?!
以前ひっそりとご案内していたタイトルホルダーのお守りが出国の際にしっかりと無口についているのです✨

しかもそれに気づいたのがだいぶ後でして……。(販売者失格です💦)
こちらのお守りは凱旋門賞後にumanowaショップで販売予定です。
今しばらくお待ちください。

日本馬4頭が、凱旋門賞を無事に駆け抜けてほしいです。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

糸井いくみ

職種
一般社団法人umanowa(うまのわ)代表

詳細を見る

アーカイブ