2022年11月03日

しびれました。

 11月2日に大井競馬場で行われたサンタアニタトロフィー。

 最後の叩き合いはしびれました。

 矢野貴之騎手騎乗のスマイルウィと笹川翼騎手が初めて手綱取ったアランバローズ。

 逃げたのはスマイルウィで、2番手がアランバローズ。

 直線で、スマイルウィは一度はアランバローズにかわされましたが、差し返す形でゴール。

 2頭とも本当にすばらしい走りを見せてくれました。

 重賞連続2着だったスマイルウィが、今年の京成盃グランドマイラーズ以来2つ目のタイトルを獲得。

 東京ダービー馬アランバローズは2番手からの競馬でもしっかり走り抜き、今後が楽しみになってくる内容だったと思います。何より、東京ダービー馬が古馬重賞でも活躍している姿を見られるのは本当にうれしいです(涙)。

 レースは動画をご覧ください。

 個人的にちょっと落ちることがあって暗かったんですが、レースを見て気持ちも落ち着きました。お馬さんたちって、元気をくれますね!

Photo

Photo_2

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

アーカイブ