2022年11月10日

スピーディキック、強かった!

 11月9日に川崎競馬場で行われた3歳牝馬によるロジータ記念(S1、2100m)は、御神本訓史騎手が手綱を取ったスピーディキックが断然の人気に応えて圧勝しました。

 ホッカイドウ競馬時代からエーデルワイス賞などを優勝した実力牝馬。

 昨年末に浦和の藤原智行厩舎へ移籍すると、東京2歳優駿牝馬を皮切りに、桜花賞、東京プリンセス賞、戸塚記念、このロジータ記念と優勝。

 関東オークスは惜しくもJRA馬に屈して3着になりましたが、優勝したグランブリッジがその後のブリーダーズゴールドカップを優勝し、JBCレディスクラシックは僅差の2着になり、ハイレベルな世代であることを示しています。

 スピーディキックの次走は12月30日の東京シンデレラマイルを予定しているそうで、いよいよ古馬に初挑戦!

 その結果次第で、来年はダートグレード競走やJRA遠征なども視野に入れていきたいそうです。

 すごい牝馬が出てきました!!!

 写真は馬房にいる時のスピーディキック。柵を外されると、お外をのんびり眺めていました。もう一枚はロジータ記念の肩掛け姿。これで重賞7勝目

Photo

Photo_3



コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

アーカイブ