2020年12月08日

歩幅

厩舎の地面。
それぞれの厩舎で馬たちのための工夫が凝らされています。

たとえば、滑らないようにしてあったり、
蹄の負担を減らすようなクッション性のあるものが敷かれていたり。

つまづかないように段差をなくしていたり。

作業の締めくくりとして、厩舎の前の地面をきれいに掃いているところも多いです。

かつて、川島正行厩舎の公式サイトに9年間携わったことがありましたが、
厩舎の前、竹ボウキで掃いた跡を「川島正行厩舎の枯山水」と呼んでいましたhappy01
それほど、きれいに掃かれていたんですshine

そして、
そんな地面には・・・

これは先日発見した「馬の足跡」。

レースに向かうために厩舎を出発した直後のものです。

_mg_1813_2

_mg_1812

一歩の大きさ、歩幅がわかりますねhappy01

今日の馬写真は、ミューチャリー(矢野義幸厩舎)。
11月3日のJBCクラシックでは4着。
追い切り後などにはパイロ産駒らしい激しさを見せますが、
そうでない時はこんな様子。
おやつを満喫中でしたhappy01

_mg_1840

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ