2021年10月04日

ひだかうまキッズ探検隊、再開です!

新ひだか町から、こんにちは。

緊急事態宣言によりずっと延期になっていた「ひだかうまキッズ探検隊」を、2か月ぶりに実施しました。今回の探検先は、矢野牧場さんです。

Dsc05626

<矢野さんは、いつも子ども達に分かりやすく説明してくださいます>

はじめに牧場の中で1番大きな繁殖牝馬を展示してもらい、みんなで体重予想。

Dsc05621
結果は...、なんと600キロ越え!
きっと、来年には立派な仔が生まれてくるでしょう。


その後は広い放牧地にいる馬たちに、坂を登って会いに行きました。
「目の前に坂があれば、走る!」が、うまキッズあるあるだなと毎年思います。笑

3l5a8368

放牧地にいたディープモンスターの母、シスタリーラヴはドロンコまみれ。

Dsc05642

秋空の下、放牧地でのんびり過ごす馬たちを見ているとついつい時を忘れてしまいます。
「素敵な時に浸りすぎると、キッズたちに置いていかれる」のが、サポートして下さるボランティアさんあるあるです。笑

その後、当歳の飼いつけと飼い葉作りを体験。

3l5a8497

それぞれが餌を入れていくのですが、バケツをずらしたり上から違う種類のエサが入ると、塩やサプリなどを入れたかどうか分からなくなり…。

3l5a8507
「これ、入れたっけ?入れたよ!」など互いに言いながら、何とか21頭分を用意出来ました👏
ちなみに働いているスタッフさんにとっても「入れたかどうかわからなくなる」は、あるあるだそうです。笑
次の日の朝は、キッズたちの特製飼い葉!
当歳たちがちゃんと食べてくれていますように…。

最後は当歳と記念撮影。

3l5a8520_2

何気ない記念撮影に見えますが...、実はこれはかなり驚きの1枚なのです!

離乳して間もない当歳が初めて会うキッズたちと一緒に写真におさまるというのは、群れから離れることに慣れてきているからなのだと思います。
日々スタッフの方々が、一頭ずつ連れて歩くなど早くから取り組んでいる馴致のおかげで素敵な1枚になりました📷✨
今回は色々な「あるある」を体感した、楽しいうまキッズでした。

ちなみに、毎回楽しいリミット越えをして、終わったあとグッタリしてしまうのが、私のうまキッズあるあるです。笑

Facebook:一般社団法人umanowa

Twitter:一般社団法人umanowa

Instagram:一般社団法人umanowa

Youtube:馬産地ひだかの馬房から

その他:新ひだかUゆう生活

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

糸井いくみ

職種
一般社団法人umanowa(うまのわ)代表

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ