2021年12月28日

この先も。

12月3日に船橋競馬場で行われたカトレアデビュー2歳新馬。

3鞍あった新馬戦のうち、2Rで勝利したのは、
山中尊徳厩舎のインプレシオ でした。

生産は安平町、
テンポイントフジヤマケンザンの生産牧場としても知られる名門吉田牧場です。

仁川駅から阪神競馬場正門へと続く通路のパネルshine

Img_57952

吉田牧場といえば、2020年に競走馬の生産終了を発表。

このインプレシオは母ミネサランジャにとって忘れ形見でもあります。

晴れの新馬勝ちshine

4l6a3132

私が吉田牧場にお邪魔させていただいたのは2度。

初めはずっと以前。
2度目は2019年春にアブクマポーロに会いに行った時でした。

Img_2376

調べてみたら、この写真の日の3日前にインプレシオは生まれていた模様。
この敷地のどこかで、母馬と一緒にいたのですねconfidentclover

競走馬の生産は終了しても、
吉田牧場の名の下で育まれた馬たちの走りは
この先ずっと、多くの競馬ファンの心に残り続けることでしょう。

インプレシオの活躍も楽しみですclover

このレース、砂粒が飛ぶ中、
2歳馬たちが奮闘しました。

4l6a3123

それぞれのこれからにも、たくさんのエールが届きますようにclover

今回が2021年最後の火曜日の更新となりました。
今年1年ありがとうございました。

よいお年をお迎えくださいclover

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ