2022年08月24日

(追記あり)南関東最年長11歳リッカルド。

 南関東競馬は船橋開催最終日。

 今宵実施した準重賞のフリオーソレジェンドカップは、矢野貴之騎手が手綱を取った南関東最年長11歳のリッカルドが優勝しました。

 2番手から、勝負所で先頭に立つと直線では後続との差を広げていき、後続に7馬身差。

 リッカルド、強すぎました!!!

 前走はハイペースの中好位にとりついていき、競馬をやめる形で失速してしまったそうですが、久しぶりにコンビを組んだ矢野騎手は、自分のペースで走らせることを心掛けたという矢野騎手。

 11歳馬の準重賞の圧勝劇には、場内も感動に包まれているかのようでした。

 管理する佐藤裕太調教師は、騎手時代に、レース名につけられている名馬フリオーソの調教パートナーとしても知られています。

 「フリオーソの名前がつくレースを勝つことができて涙が出ますね。11歳でこのクラスで勝てるリッカルドに感激でした」(佐藤調教師)。

 ちょうどセリ中なので、北海道の馬産地から応援していたそうです。

 リッカルドは11か月ぶりの勝利。

 今後は未定ということですが、どんなローテーションを組んでいくのか楽しみですね。

 リッカルド、たくさんの人たちを魅了してくれる馬です。

Photo_3

Photo

Photo_2

(追記あり)

 1日早い更新になってしまいましたm(__)m 南関東競馬変則開催中で、曜日感覚が……失礼しました(^^;

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ