2021年01月21日

ノブワイルド、お父さんに!

 今週は、

 船橋記念で負傷し競走中止をした、

 ノブワイルドのことを心配した方も多かったでしょう。

 直後の診断では、左前球節完全脱臼とのことでしたが、

 その後、厩舎でレントゲンを撮ったところ、

 繋靭帯の損傷は激しいものの、骨折はなく、中心の靭帯もしっかりしていたそうです。

 「不幸中の幸いでした。誠二(左海騎手)もよくあそこで止めてくれました。ワイルドは最後まで本当によく頑張ってくれました」と小久保調教師。

 それから1週間ほど茨城県の牧場でゆっくり過ごし、

 1月20日の正午に関東の牧場を出発し、

 21日の早朝に、種牡馬生活を送る北海道の白馬牧場さん(新冠)に、

 到着したそうです。

 歩様は問題ないそうで、1週間ほどしたらギブスは取り、

 種牡馬としての準備を進めていくことになるそうですよ。

 ノブワイルドはTUBEの前田亘輝オーナーの所有馬としても知られ、

 引き続き、前田オーナーが所有をしながら種牡馬生活を送っていくそうです。

 今回のことで、ワイルドの生きる力、関係者の皆さんのあきらめない気持ち、

 非常に身に染みました。

 写真は、ワイルドの最後の雄姿となった船橋記念。

 無観客競馬中で撮りたくても撮れなかったファンも多かったと思いますので、

 1枚綴っておきます。

 
Photo

 今度は種牡馬ノブワイルドに会えることを楽しみにしています。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ