2021年01月28日

カジノフォンテンが川崎記念を制覇。

 1月27日に川崎競馬場で実施した川崎記念JpnⅠ(2100m)は、張田昂騎手がエスコートした4番人気カジノフォンテン(船橋・山下貴之厩舎)が、逃げ切り勝ちを収めました。

 南関東勢にとって、古馬のマイル戦以上のJpnⅠレースの勝利は、近年の悲願でもありました。

 頂点に立ってきたアジュディミツオーとフリオーソの時代から、10年。

 カジノフォンテンの母は、上山と南関東で走った女傑ジーナフォンテン。張田騎手の父は、名手・張田京騎手(現調教師)で、母ジーナフォンテンの主戦の1人でもありました。

 カジノフォンテンの担当・波多野厩務員は、フリオーソを手掛けた方。

 「カジノも心肺機能の良さはフリオーソに近いものがあるし、まだまだこれからの馬なので、フリオーソを目指して頑張っているところです」と言っていた波多野厩務員。

 地方競馬にゆかり深い女傑の子供がJpnⅠ馬になり、父が騎乗したその愛馬の子供に息子が乗ってJpnⅠレースを勝ち、担当馬がJpnⅠレースを勝った10年後に、再び同じ栗毛の担当馬で、JpnⅠレースを勝つ。

 こんな夢のようなドラマチックなことが一気に現実になるのも、競馬なんですね。

Photo_4Photo_5 Photo Photo_6いつまでも見ていたい光景。

こちらが、現役時代のジーナママ↓

20181107_1272957_1

ジーナママも、おめでとうございます!23歳になった今年も元気に過ごしているそうです。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ