2021年02月18日

雲取賞からのユングフラウ賞。

 今日、大井競馬場で実施した3歳重賞・雲取賞は、

 本橋孝太騎手が騎乗した1番人気ランリョウオーが優勝。

 2着が森泰斗騎手が手綱を取ったトランセンデンス。

 ともに、浦和・小久保厩舎所属馬です。

 この2頭は、クラシック直前の大事な一戦となる京浜盃と、

 南関東一冠目の羽田盃への優先出走権を手にしました。

 厩舎にいる時のランリョウオー↓

Photo

 馬房ではダンスをしているので、なかなか写真を撮るのは難しいお馬さんですが(^^;

 でも、レースに行くと堂々している所はさすがですね。

 2着のトランセンデンス。

 午後の日光浴タイム、のんびりしている所↓

Photo_2

 雲取賞前日には金盃が行われ、同じ小久保厩舎のチェスナットコート先輩が出走していました。

 とっても美しい栗毛くんですね。↓

Photo_3

 2月23日に浦和競馬場で実施する3歳牝馬重賞ユングフラウ賞には、

 同じ小久保厩舎から、無敗馬ケラススヴィアが休み明け緒戦を迎えます。

 当初からここから始動し、クラシック戦線に向かっていきたいというお話しでしたよね。

 まだまだ子供ちゃんで、何でも遊びにしたいタイプだそう。

 この時はほうきをカジカジして楽しそうでした(^^)

Photo_4

 脚の速い赤ちゃんと、浦志厩務員はケラスのことを言っていますが、

 まだまだこれからの馬であの強さ。

 明け3歳になって最初のレースは、どんな走りを見せてくれるだろうと、ワクワクします!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ