2021年03月16日

サウンドトゥルーお疲れ様でした。

3月12日、千葉県競馬組合から、
サウンドトゥルー(11歳 セン馬)の引退が発表されました。
記事はこちらから

調教中に故障を発生したとのこと。

寂しくなりますが、
引退後は故郷の岡田スタッドで功労馬として暮らすそうです。

サウンドトゥルーは
JRAの高木登厩舎所属時にGI・JpnIを3勝。

船橋の佐藤裕太厩舎移籍後も、
2019年、2020年の金盃(SII)を連覇。
2020年の東京記念(SI)での優勝など、
中央地方その両方で活躍し、多くのファンに愛される存在でした。

 

2015年 JRA 高木登厩舎所属 日本テレビ盃_mg_3280_2

 

2015年 JRA 高木登厩舎所属 東京大賞典
_mg_0336

 

2019年 佐藤裕太厩舎所属 金盃4l6a1511

寒い中、走った後のサウンドトゥルーの体温や息が白くなっていたこと、
そして、たくさん砂のついたメンコが印象深いレースでした。

4l6a1513


 4l6a1533

佐藤裕太調教師の
「骨折が判った時は涙が止まりませんでした」というコメントにも
ジーンときてしまいました。

新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため、
また無観客競馬であることから、
引退式は行われないとのこと。

昨年12月1日の記事でお伝えした馬房での表情(ネコさん登場)はこちらから。

故郷での時間が、末永く、おだやかで幸せなものとなりますようにcloverhorse

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ