2021年05月11日

きっと、それぞれの場所で。

5月6日の高橋華代子さんの記事を拝見した時、

思わずニヤリhappy01heart04としてしまいました。

さすが、かよこさん、わかっていらっしゃるsign03

2021年5月5日。

船橋競馬場で行われたダートグレード競走かしわ記念(JpnI)。

優勝したのは地元船橋のカジノフォンテンshine

地方所属馬は2011年のフリオーソ以来の優勝shine

喜びのシーンを写真で振り返りましょう。

4l6a4693

ハナ差での勝利。
笑顔でガッツポーズの張田昂騎手。

 

4月27日の記事でもお伝えしましたが、
担当はフリオーソの波多野厩務員。

「嬉しいね!」と笑顔でした。

_mg_3896

勝利ジョッキーインタビューで、
「ここまで来れたのは、
いろんなファンの皆さんや陣営の力があってこそなんですが、
一皮も二皮も剥かせてもらえたのは、厩務員さんのお陰だと思ってます」

と、こみあげる気持ちをぐっとこらえるようにして語った張田昂騎手の言葉が印象的でした。

張田昂騎手といえば、
厩務員をしながら騎手への道を志したことでも知られていますね。

当時の写真
_mg_4300

 

2013年6月。
騎手デビューの時、隣の枠には山下貴之騎手(現調教師)が。

0d5a72fac14d3def12f42d4b39901c2d 
この二人が調教師と騎手という間柄で
地元の大レースを制する、というすごい未来が待っていたんだなぁ・・・と
しみじみしてしまいますconfident
やっぱり、競馬って良いsign03

普段のレースの何気ないシーンが
後々貴重なシーンになるんだな・・・と思ったりもしますconfident

_mg_3886

 

4l6a4756  

今回は無観客開催でしたが、
ゴールの瞬間、応援しているたくさんの皆さんが、
それぞれの場所で歓声をあげ、
カジノフォンテンと張田昂騎手、関係者の皆さんを祝福していたことでしょう。

山下貴之調教師によると、次走は6月30日の帝王賞(JpnI)を目標にしていくとのこと。

今から楽しみいっぱいですshine

余談ですが、

今回、無観客のため、通常はファンエリアのアタリーナがプレスルームとして
指定されていました。

レース後、それぞれの皆さんが記事や写真を配信。


帰りの電車内で記事を拝見しながら、
現場の奮闘を思うレース後となりました。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ