2021年11月23日

11月に思い出す馬。

自分の人生に大きく関わったな、と思う馬が何頭かいます。

あの馬と出会ったから、あの人々と出会った。

あの馬と出会ったから、新しい世界への扉が開いた。

あの馬との出会いが、想像もしなかった未来へと繋がっていた。

それは誰よりも淀を愛したあの馬だったり、

牧場から出発する前日に蕁麻疹を発症。
涙を流していたという、入厩がお預けになったあの馬だったり

会えばいつも「撫でて」と顔を向けてくれたあの馬だったり。

それは、GI馬だったり未勝利馬だったり、さまざまです。

そんな中、11月になると思い出すのは、

この馬。

Bukky0301112

父タマモクロスの栗毛の牝馬shine

JRAでは新馬戦で2着でしたが、結局未勝利。

200209bukky04

200209bukky06

JRAから南関東へ移籍。
その後、岩手で9歳秋まで走りました。

父譲りの激しい気性。
馴致から大変だったそうで、
「競走馬になれないかと思った」と携わった友人が語っていました。

20031210funabashi02

Img_4285_2

この馬との出会いが、今に繋がっている。

牧場では、
イブキバレリーナの仔だから「ブッキー」と、
愛情いっぱいの名前で呼ばれていたマイネピルエット。

競走成績はけして華やかではないけれど、
私の人生にとって、とても大切な存在です。

空へと駆けて12年。
思い出すことで、また会えた気がします。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

阿部典子

職種
ライター&フォトグラファー

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ