2021年05月13日

新馬戦が始まっていますよ~!

 南関東競馬では、早くも2歳っ仔たちがデビューしています。

 まだ今年の東京ダービー馬は誕生していませんが、

 すでに来年の東京ダービー馬探しが始まっていますよ。

 南関東競馬全体で、最初の新馬戦は、

 4月30日に大井競馬場3レースで実施。

 矢野貴之騎手が手綱を取った2番人気インザライフ(大井・田中正人厩舎<小林>)が優勝しました。

 父がトゥザグローリー、母はコスモメソッド、母父がヴィクトワールピサという血統の2歳牝馬。

Photo

 この後には船橋競馬場でも実施、明日の浦和競馬場でも始まります。

 そういえば、去年の船橋最初の新馬戦には、

 のちの全日本2歳優駿勝ち馬アランバローズとクラウンカップ優勝馬ジョエルが、

 それぞれ勝ち馬として名を連ねているのですよ。

 夢がありますよねぇ。

 インザライフの口取りシーン。

Photo_2 

 現在の南関東競馬は再び無観客競馬中。

 世の中が早く落ち着いて、

 またにぎやかな競馬場が戻ってきて欲しいなぁと、身に染みる昨今です。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

競馬女子部 コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上

高橋華代子

職種
南関東競馬リポーター

詳細を見る

最新の記事

記事一覧

アーカイブ